避難訓練 うだつの町並み(3月3日)

活動報告

能登半島地震で朝市エリアが火災で焼失したことを受けて、美濃市でもうだつの上がる町並みエリアの住宅密集地での災害想定で避難訓練が行われました。
建物が密集しているうだつの町並みが震災にて火災が発生したとの想定。

約200人の住民が参加しての避難訓練でした。

市長のあいさつに続き、消防署の方から大規模震災の直後は停電後の通電による電気火災が原因で大規模火災が発生している事例が多い事を聴きました。

大きな地震の時は避難する前に可能な場合はブレーカーを落とすことが火災を防ぐために大切という内容の説明がありました。

こういった地道な説明が防災には大切です。